へぎ板

板そば・板うどん用へぎ板のお話し出てきた 『へぎ』・・・

「へぎ」とは
木の木口にナタや楔を入れて木目に沿って割り裂くことを「へぎ」加工と言います。
枌(そぎ)、枌板(そぎた)、枌板(そぎいた)、剥板(へぎいた)、折板(へぎいた)、削板(そぎいた)
色んな読み方、書き方がああります。


読んで字のごとく、木を分ける。削ぐ。剥ぐ。折る。
ノコギリなどの道具が発達する以前からあった木工の技術です。
木を割る、つまり原木を加工する一番シンプルな技法・・・
杉、桧、椹(さわら)、ネズコなどの針葉樹を、薄く断ち割ることを、へぐといい、へいだ板をへぎ板という。
 へぎ板は野根板ともいうが、同じものである。曲げワッパなどに使われる材料になる。
 建築では、網代などにつかう。かつては野地にトントンとして使われ、竹釘で固定された。  
 最近ではアスファルト・ルーフィングに取って代わられた。
出典:(株) 総合事務所 建築用語集

へぎ板は、こけら葺き・土居葺き用の手割板(屋根板)として、今でも文化財に使われています。
へぎ板が、屋根材になり、また以前ご紹介した「麹蓋」ソバ用へぎ板もなります。
屋根材にしても麹蓋、ソバ用へぎ板にしても、水切りが良いこと、軽いことがメリットでもありました。

ということは、現在山形県で有名な「板そば」用ヘギ板は板目材が多いのですが、その昔は「柾目材」だったのではないでしょうか?
元(木の根っこ)と末(木の先端)で径が違う末広がりの形をしています。
木を板目方向にまっすぐ割るのは、ほぼ不可能ではないかと思います。


出典:http://monotsukuri.net/wbt/wbt_daiku/d0712/d0712.htm

ノコギリが作られて、初めて薄い板目材が取れる様になったと思います。
製材も帯鋸盤で薄く、真っ直ぐ、かつ美しく挽くのは技術が必要です。
秋田県の製材業界は、この難しい技術において日本でトップクラスでした。

素材だけではない、秋田の木材加工技術は誇るべきものがあります。