企業情報

image_view

wokers当社は、秋田杉の主産地として全国に名高い米代川流域に位置し、山林経営から製材品・壁面材・人工乾燥材・内装材・桶・樽及び花器・小木工品まで生産・製造する秋田杉製品の総合メーカーです。

「常に需要者ニーズに対応し、素材の特徴を生かした製品の供給を行う」ことを基本方針とし、全国に先駆けスギ人工乾燥材の内・外装壁面材や羽柄材モルダー製品などを生産してきました。

取引先は商社、問屋・ハウスメーカー・ホームセンター・直需者など多岐に渡り、さまざまな販売網で展開しております。whiteMap

当社は昭和2年に樽丸生産業として創業し、昭和37年に株式会社組織となり現在に至ります。
戦後、長期にわたり、天然秋田杉を原料として高品質材の生産を主体に 事業展開してきましたが、近年の天然秋田杉の減少とスギ人工林の充実という地域資源の変化 を背景に、板類主体の工場への転換、スギ人工林を使用するスギ一般材製品への転換、高付加価値化に取り組んで参りました。
このほか、伝統工芸品である桶樽製造を創業 時から90年以上継続し、伝統技術の承継を担っており、製材業と桶樽製造を両立を実現しております。

 

会社概要

名称 株式会社沓澤製材所
所在地 〒017-0012 秋田県大館市釈迦内字街道上154番地
代表者 沓澤 一英
創業 昭和 2年4月 沓澤樽丸店を創設
設立 昭和 37年5月 株式会社沓澤製材所に組織変更
資本金 7千万円
従業員数 44名(うち女性10名)
事業内容 国産材製材・桶樽・小木工品の製造および販売

 

会社沿革

昭和2年 沓澤樽丸店創設(1927年) 創業者 沓澤貞蔵
昭和37年 沓澤製材所設立(1962年)
昭和45年 現在地移転 第一工場建設(1970年)
昭和46年 第三工場建設
昭和47年 ボイラー(1t)および木材乾燥機2基導入
昭和61年 元代表取締役 沓澤真一 黄綬褒章
平成5年 農林水産祭(財)農林漁業振興会長賞 受賞
平成16年 第一工場 ノーマンツインテーブル、プレーナーギャング導入
平成19年 新生産システム事業参画
第一工場製材ライン刷新 ノーマンツインバンドソー、立体選別機導入
高温乾燥機1基、中温乾燥機1基増設、プレーナーギャング等増設
平成23年 第三工場加工ライン自動化更新
二面レピアギャングリッパー導入(東北地方初)
横型乾燥機2基増設
平成25年 木屑炊きボイラー(5t)導入、横型乾燥機3基および木材結束機2台増設
バーククレーン導入(東北地方初)
木材定量装置導入(うちトラック積込装置は県内初)

 

表彰歴

年度 表彰・受賞
平成21年度 合法木材等普及推進顕彰
林野庁長官感謝状
平成25年度 農林水産祭天皇杯等三賞選賞表彰
内閣総理大臣賞(林産部門)
平成26年度 第42回JAS製材品普及推進展示会
林野庁長官賞
平成27年度 第43回JAS製材品普及推進展示会
農林水産大臣賞

 

特許等

種類 内容
意匠登録 花器
昭和62-第24460号
平成 元年度
実用新案 桶のタガ締め込み用治具
昭和62-第86472号
平成 2年度
特許  建築構造要素
特許-第3361474号
平成14年度

 

所在地